錦ヶ丘天文台前治療院 | 鍼灸・整体・自然療法

錦ヶ丘天文台前治療院
鍼灸・整体・自然療法

ご予約はこちらから
平日 9:00-20:00

TEL : 022-778-5778

妊娠中の腰痛について

赤ちゃん

愛するパートナーとの間に授かった赤ちゃんは、お母さんのお腹の中で約10ヶ月間過ごします。
日々、大きくなるお腹を見ながら、我が子の成長に喜びを噛みしめることでしょう。

妊娠中の赤ちゃんの大きさですが、標準で1ヶ月目は身長が約1cm、体重も約1g程ととても小さいです。それが10ヶ月近くになると約2Lのペットボトル1,5本分の重さほどになり、この重さと約10ヶ月付き合う女性の体には徐々に負担が掛かってきます。
そのため、妊娠さんの中には腰痛でお悩みの方もいることでしょう。
こちらでは、妊娠中の腰痛についてご紹介させていただきます。


妊娠中のつらい腰痛の原因

妊娠中の体に掛かる負担によって、腰痛に悩まされる方も多くいます。
大きくなったお腹の重みで、体は前に重心が傾いてしまいます。
そして体のバランスを取るため、反り返った姿勢となり、腰に負担を掛けてしまうのです。
ただ、妊婦さんの中には、お腹の重み以外で症状が起きる方も少なくありません。
その原因とされるのが、妊娠中に分泌されるリラキシンと呼ばれるホルモンです。
リラキシンには骨盤の靭帯を緩め、赤ちゃんをスムーズに産めるように働きかけます。
出産のために必要なホルモンですが、靭帯は関節を支える役目がありますので、緩むことでその支えが不安定になってしまいます。その結果、周辺の筋肉が緊張し関節に負担を掛け、腰痛が起こるとも考えられています。

妊娠中の腰痛対策

特に負担が大きいのが、人間の体を支える背骨や骨盤です。
これらのパーツが歪むことで、腰痛の他にも肩こりや膝痛、尿漏れなどの症状が起きることも少なくありません。妊娠中の生活を少しでも楽にするためにも、早めに対策を練る必要があります。

例えば、普段の生活では正しい姿勢を意識し、家事を行う際にはこまめに休憩を挟むようにしましょう。また、適度な運動を取り入れ、筋肉の血行を良くしておくのも大切です。
最近はマタニティ整体など、妊婦さん向けのケア方法がいろいろあります。
妊娠の経過によってケア方法のタイミングが変わってくるため、整体でプロの手を借りることもおすすめします。


整体と同じように注目を集めているのが、鍼灸です。鍼灸は人間が本来持っている自然治癒力を高め、健康維持がしやすい体を目指すことが出来ます。
仙台にあります当院では、鍼灸や整体等を含め薬に頼らない生体本来の力を引き出す施術を心掛けております。女性鍼灸師が施術を行いますので、女性の方も安心してご利用頂けます。

妊娠中の腰痛、つわり、むくみはもとより産後のケアとして疲労、貧血、乳汁分泌不良、腱鞘炎、尿漏れ、痔など幅広く女性をフォローしてゆきます。